Menu

滋賀県大津市・草津市にある美と健康のお店「アユールヴェーダ、ロルフメソッド、まつげエクステ」

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダは、世界3大医学の1つで、インドで生まれた約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学です。1977年に世界保健機構(WHO)によりアユールヴェーダが予防健康医学として認められ、手足の冷えや身体の疲れ、胃腸の疲れなどの未病予防として今注目されています。

アーユルヴェーダ(Ayurveda)は5000年の歴をもつインドの伝統医学です。サンスクリット語でAyus(アユース=生命)とVEDA(ヴェーダ=科学)という意味があり「生命の科学」を意味します。

心、身体、行動や環境など、全体としての調和を大切にし、自分自身の体質を知り、それにあった療法によって病気になりにくい、健康な心身と全ての人の幸福を目指しています。

現代では、WHO(世界保健機構)にも公式承認されている、世界三大医学の1つです。

アーユルヴェーダの体質とは?

予防医学であるアーユルヴェーダは個人の医学とされ、ドーシャ(エネルギー)に着目して体質診断をします。アーユルヴェーダでは、目に見えない3つのエネルギーという言葉のかわりにドーシャという言葉を使います。3つのドーシャをまとめてトリドーシャとよんでいます。それぞれのドーシャは2つの元素で構成され、ヴァータ(空 風)、ピッタ(火 水)、カパ(水 土)の調和によって心身の健康が得られています。そして、この3つのドーシャはライフスタイル、時間、季節、環境により常に変化しているのです。

自身の体内のドーシャの性質を知り、体質にあった生活をすることで、ドーシャのバランスを整えることが、病気を予防し、健康な人には更なる健康を維持してくれます。そして、不調や病気を抱えている人にも健康の回復へと導いてくれる、それがアーユルヴェーダなのです。

アーユルヴェーダが注目される理由

豊かに美しく生きていくことを目的とした究極の予防医学であるアーユルヴェーダは、私たち全ての人がその知恵を取り入れ、日常的に活用することで自ら自分自身の心身を整えることができる、そういった知恵(教え)がたくさんあるのです。

現代は健康を害する毒素がたまりやすい環境(食べ物、ストレス、空気など)や、体そのものにたまった毒素を体からうまく排出できない人が多いです。運動不足や、便秘、内蔵機能の低下やストレスをためこんでしまっている状況など、忙しい現代社会から私たちはバランスを崩すことが多くなってきました。アーユルヴェーダはよりよく生きるための知恵を私たちに教えてくれます。アーユルヴェーダの知恵を取り入れ、自分自身を正しく理解し心身のバランスをとって幸福に生きる。アーユルヴェーダの教えは本当に私たちにとって必用なことを追求した学問でもあります。

アビヤンガ(アーユルヴェーダのオイルトリートメント)

アビヤンガとは”オイルを塗る”という意味で、アーユルヴェーダの理論に基づいて行う毒素排出(デトックス)を目的としたオイルトリートメントです。体質にあったオイルで、体全体にあるマルマを刺激し、トリートメントしていきます。オイルが体の中まで浸透し、体内の毒素を体内循環をよくすることによって外に排出してくれます。

三大医書であるチャラカサンヒターには皮膚にもっとも効果的なのはオイルマッサージなので毎日おこないなさい。と言われています。毎日オイルマッサージを行うことにより、気持ちの良い肌ざわり、引きしまった身体となり、体力がまし、魅力てきな容姿になり、加齢による衰えはほとんどみられないとアビヤンガの効果が書かれているほどです。

定期的なオイルマッサージは特にヴァータのバランスをととのえ、疲労、女性生殖器疾患、耳や眼の疾患、頭痛、、疲れやすい体質、ヴァータのアンバランスや高齢者にとくにおすすめです。

アユールヴェーダメニュー一覧

メニュー名 料金